田副暢宣

テイラー・スウィフトの曲と動画

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の曲(シングル)の動画(Youtube)の一覧です。ミュージックビデオや歌詞、和訳、新曲・人気曲のランキングも。(田副暢宣事務所)

        は、世界で100万以上売れた曲です。

<シングル>
発売年 曲名 動画、歌詞、和訳 コメント
2017
(10月)
「...Ready for It?」
(レディー・フォー・イット?)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『レピュテーション』(Repustation)からの2枚目のシングル。アルバムではオープニングを飾っている。アルバムを象徴するダーク路線の歌。今の彼氏を称えるとともに、これからもうまくやっていくことで、元彼や自分をディスっている人たちへの「復讐」を果たそう、という内容。
2017
(8月)
「Look What You Made Me Do」
(ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて)
公式動画

歌詞ビデオ

和訳
アルバム『レピュテーション』(Repustation)からの最初のシングル。「古い自分からの脱却」をテーマにした曲で、サウンドも歌詞もダーク。 この曲によってファン層がさらに広がったとされる。
2016
(12月)
「I Don't Wanna Live Forever」
(アイ・ドント・ワナ・リブ・フォーエバー)

~コラボ:Zayn(ゼイン)
公式動画

歌詞と和訳
映画「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(Fifty Shades Darker)のサントラ収録。バラード。 映画のために書き下ろされた。ジャンルは「エレクトロR&B」と位置付けられている。
2016
(2月)
「New Romantics」
(ニュー・ロマンティック)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『1989』の特別版にボーナストラックとして収録された。1989からの最後のシングル。
2016
(2月)
「Out of the Woods」
(アウト・オブ・ザ・ウッズ)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『1989』収録。作詞・作曲は、テイラーと、バンド「ファン」のギターリストとの共作。 恋愛関係の脆弱さや不確かさを歌った曲だとされる。 人気ボーイ・バンド「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイル(元交際相手)への想いを綴った曲だと受け止めている人が多い。
2015
(8月)
「Wildest Dreams」
(ワイルデスト・ドリームス)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『1989』収録。バラード。ラブソング。 夢想的なサウンドを特徴とする「ドリーム・ポップ」というジャンルの影響を受けた曲と見られている。
2015
(5月)
「Bad Blood」
(バッド・ブラッド)

~ft:Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『1989』に収録。 シングルカットにあたって、ヒップホップ界の大スター、ケンドリック・ラマーを迎え、新しいバージョンとして制作した。 ファンと評論家から高い評価を受け、アメリカ国内で310万枚売れた。 2016年のMTVビデオ・ミュージック大賞で最優秀ビデオ賞を受賞した。
2015
(2月)
「Style」
(スタイル)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『1989』収録。「Out of the Woods」と同様、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルとの交際、そして別れについて書かれた曲だと解釈されている。
2014
(11月)
「Blank Space」
(ブランク・スペース)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『1989』収録。アメリカ国内だけで450万枚以上売れた大ヒット曲。 全米チャートでは、自作の「シェイク・イット・オフ」を追い落とす形で1位に輝いた。 同一アーティストの違う曲が続けて1位となるのは、女性としては初めて。 2016年のグラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞にノミネートされた。 自身の恋愛遍歴を標的にするメディアや一部の世論を逆手にとり、 「恋多き女性」の二面性を風刺的に描いた傑作。
2014
(8月)
「Shake It Off」
(シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!)
公式動画

CM(家庭教師トライ)

歌詞と和訳

アルバム『1989』収録。世界的な大ヒット作。日本でも75万以上売れた。「家庭教師トライ」のCMでも有名。 2015年のグラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞にノミネートされた。 公式ビデオのYoutube視聴回数は24億を超えた。 「交際相手がころころ変わる」と自分を批判するヘイターたちを「放っておく!」と明るく宣言した曲とされる。
2013
(11月)
「The Last Time」
(ザ・ラスト・タイム)

~ft:Gary Lightbody(ギャリー・ライトボディ)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『レッド』(Red)からの最後のシングル。オルタナティヴ・ロック調のパワーバラード。 ロックバンド「スノウ・パトロール」のギャリー・ライトボディとのデュエット。 ケンカと仲直りを繰り返す男女関係がテーマになっている。
2013
(10月)
「スウィーター・ザン・フィクション」
(Sweeter Than Fiction)
動画

映画のPV

歌詞と和訳
世界的オペラ歌手ポール・ポッツを描いた映画「ワン チャンス」の主題歌。 映画プロデューサーから企画段階で話を聞かされ、触発されたテイラーが、 fun(ファン)のギタリスト、ジャック・アントノフと共同で作詞・作曲した。 ポップな曲となっている。 ゴールデン・グローブ賞にて主題歌賞にノミネートされた。
2013
(6月)
「エブリシング・ハズ・チェンジド」
(Everything Has Changed)

~ft:Ed Sheeran(エド・シーラン)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『レッド』(Red)収録。 ギター・バラード。 同世代の天才シンガー・ソング・ライター、エド・シーランとのコラボ。 テイラーの家の裏庭で、2人で和気あいあいと曲作りをしたという。 昨日出会ったばかりだけど、 一目ぼれして「すべてが変わってしまった」という甘い歌。
2013
(6月)
「レッド」
(Red)
公式動画

歌詞と和訳
アルバム『レッド』(Red)収録。カントリー・ソング。テイラーにとって、「レッド(赤)」は忘れられないような強い感情を示す色だという。
2013
(3月)
「ハイウェイ・ドント・ケア」
(Highway Don't Care)

~デュエット:Tim McGraw(ティム・マグロウ)
公式動画

歌詞と和訳
ティム・マグロウのアルバム『トゥー・レーンズ・オブ・フリーダム』(Two Lanes of Freedom)収録。 カントリー界のトップシンガー2人によるデュエット曲。 ボーカルは別々に録音されたが、2人の息のあったハーモニーがファンや評論家から絶賛された。 ゲスト出演したギタリストのキース・アーバンの演奏もピッタリはまった。 恋人と高速道路(ハイウェイ)をドライブしている男性が自分の気持ちを語る歌。 テイラーは作詞・作曲に携わっていない。
2013
(3月)
「22」 公式動画

歌詞と和訳
アルバム『レッド』(Red)収録。キュートで明るいポップソング。 22歳のテイラーが、その年齢ならではの喜びを表現した歌。 青春を謳歌する若者の活力と、未来へのワクワク感を味あわせてくれる秀作。